LODGER
0598-30-8120
  1. HOME
  2. LOCAL

LOCAL

  • 松阪木綿

    • 松阪木綿とは

      松阪木綿は木綿の織物で、三重県の指定伝統工芸品にも指定されています。
      江戸時代に大流行した松阪木綿のキレイな藍色は、日本人の肌の色によく合うと言われているそうです。
      松阪市ではこの松阪木綿の機織り体験ができる施設があったり、松阪木綿で作った着物を試着できる体験イベントが開催されたりしています。
    • 松阪木綿の歴史

      松阪木綿は江戸時代、庶民の間でオシャレな普段着として大流行しました。
      藍色に縦縞の入った美しい色合い・しっかりとした素材は、倹約令がでていた当時の贅沢品でもあったそうです。
      現金安売掛け値なし(定価販売)で知られる越後屋のうち、三越の元となる「越後屋三井呉服店」の主力商品として当時の伊勢木綿を販売したといわれ、松阪商人発展の礎となっています。
    • 松阪木綿のお土産・体験

      松阪木綿の藍染めや機織りなどを体験できる観光施設、松阪木綿を販売しているお店をご紹介します。

      ■松阪市立歴史民俗資料館
      松阪城跡の敷地内にある資料館で、明治45年に建設。
      建物自体が登録有形文化財となっており、松阪木綿のほか、松阪商人に関する資料などが展示されています。

      ■松阪もめん手織りセンター
      松阪木綿の製品を販売しているほか、機織り体験・藍染め体験などのイベントを開催しています。
  • その他観光スポット

    • 機殿神社(はたどのじんじゃ)

      松阪市東部にある機殿地区(はたどのちく)にある2つの神社、神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)・神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)の総称。
      織物に関連の深い神社です。